年下男性と結婚したいなら恋ラボで相談

男性は若い女性が好き?婚活女性が直面する現実をデータと体験談をもとに解説

喧嘩している男女の写真に「婚活女性が直面する現実」の文字

[PR] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

  • 相談所でびっくりするほど年上の男性を勧められた…
  • 気になる人が年下だけど…アプローチしたら可能性はある?
  • 婚活パーティーは、若い女性に人気が集中するの?

30歳を超えた女性は婚活で不利なのでしょうか。

男性は自分より年上の女性をどう思っているのか知らずに年下の男性も視野に入れて婚活を続けると、傷づく結果になってしまうかもしれません。

私は36歳で9歳年下の男性と結婚しましたが、婚活中はうまくいかないことが多く、何度も心が折れそうになりました。

この記事では、実際にどれぐらいの人が年上女性と結婚しているのか、30歳を過ぎて婚活すると男性からどういう扱いを受けるのか、データと実体験をもとに解説します。

また、その現実を知った上で、年下男性も対象に入れた婚活を続けるために必要なマインドと必要な行動を紹介

これを読めば、年下男性からの心無い態度でいちいち傷つくこともなくなります。

タップできる目次

女性が年上の夫婦の割合

まずは、男性は年上・同年齢・年下のどの年齢の女性と結婚しているのか数値で見ていきます。

下のグラフは、2021年に婚姻した夫婦の妻の年齢をグラフ化したものです。

妻の年齢の割合

※表は令和3年「人口動態統計」をもとに、筆者が独自にグラフ化
※1以下の数値は四捨五入

約4人に1人は妻が年上

厚生労働省が毎年公表している「人口動態統計」によると、2021年は妻が年下の夫婦は56.1%、同じ年は19.3%、年上は24.6%となっています。

約4人に1人は妻が年上です。

今や妻が年上の夫婦は珍しくもないですが、まだまだ少ないのが現状です。

年下や同年齢と結婚する方の方が圧倒的です。

婚活においてこの数値が示す意味

恋活や婚活で4人の男性と出会っても、そのうち3人には興味をもってもらえません。

もちろん、最初から対象年齢を決めていない男性や好きになった人がたまたま年下・年上だったという人もいますが、数値で考えるとそのくらいの割合です。

これは、

年下男性を諦める必要はないが、結婚するのは容易な道ではない

という数値と言えるでしょう。

年下男性と結婚するためには、それなりの努力と準備をしましょう。

男性は若い女性が好き?現実を知った婚活体験談

うなだれて落ち込む女性

私は33歳から本格的な婚活をスタートさせました。

特に、街コン・婚活パーティーには積極的に参加していました。その時に実際感じた「男性は若い女性が好き」というエピソードです。

25歳~34歳が対象の婚活パーティーの結果

以下が実際に私が参加したパーティーの詳細です。

参加したパーティーの概要
  • 参加対象年齢25歳~34歳
  • 男性、女性のステータスは不問
  • 参加者は男8人、女8人
  • 全員と話した後に中間印象の発表
  • もう一度全員と話した後にマッチング希望を提出

参加した当時は33歳でしたので、参加条件の年齢ぎりぎりです。

他の女性の参加者の年齢は分かりませんが、当然そのパーティーの中では最高齢に近いと思います。

男性は、私より年下の方ばかりでした。

パーティーの結果
  • 中間発表でもらった「いいね」数→1人
  • マッチング→なし

結果は、中間印象の「いいね」をくれた方が1人、マッチングは誰ともしませんでした。

実際に相手の男性とお話してる時も、差しさわりのない世間話が多く、あまり興味を持たれていないことが伝わりました。

33歳~45歳が対象の婚活パーティーの結果

参加したパーティの概要
  • 参加対象年齢33歳~45歳
  • 男性、女性のステータスは不問
  • 参加者は男8人、女8人
  • 全員と話した後に中間印象の発表
  • もう一度全員と話した後にマッチング希望を提出

先ほど参加したパーティーとの違いは、参加者の対象年齢のみです。

今度は、このパーティーで私は最年少となります。当然男性は年上の方ばかり。

パーティーの結果
  • 中間発表でもらった「いいね」数→6人
  • マッチング→なし(こちらが誰も希望しなかった)

正直、とてもモテました。私がモテたというより、「若さ」で人気が集まっただけだと思います。

特に気の利いたことを言ってたわけでもないのに、

「何歳上までが恋愛対象?」

「とりあえず、この後食事でもどうですか?」

と、最初から興味を持ってもらえました。

参加するパーティーの対象年齢が違うだけで、こんなにも男性の反応が異なります。

成婚率を上げたい相談所のカウンセラーが年上を勧めるわけですね。

女性は若い方がモテる

上で紹介した以外にも、たくさん婚活はしてきました。

先ほど具体的に参加したパーティーの結果をお話しましたが、「男性は若い女性が好き」と感じる結果が多かったです。

このご時世ですから、表立って「若い女性が好き」と公言する方は少ないかもしれませんが、行動に表れていますね。

年下男性と結婚したい婚活女性に必要なマインドと行動力

電球をつかむ手でひらめきを表現している

持っておくべきマインド

実際の夫婦の年齢差、私の体験談から年下男性との結婚はかんたんなものではないことが分かります。

年下男性と結婚したい女性が持つマインドとは、

年下男性からは興味をもたれないのが当たり前。反応をいちいち気にしない。

たった1回の婚活パーティでうまくいかないと、すぐに諦めてしまう人がいます。

年上女性と結婚した人は4人に1人。実際に、私の体験談でも婚活パーティーで「いいね」をくれた年下男性は8人中1人でした。

つまり、うまくいかないことの方が多いです。

婚活のように先にプロフィールが先行する世界では、自分の中身を見てもらう前に年齢でお断りされることを覚悟しておきましょう。

ダメだったら「はい!次~」ぐらいの軽い気持ちでいましょう。

必要な行動力

年下の男性5人と会って1人にしか相手にされないのなら、単純にたくさんの男性と会う機会を増やせばいいのです。

確率的に言うと、年下男性20人と会えばそのうち5人には興味を持ってもらえます。

とにかく出会いを増やすことが大事です。

うまくいかなかった1回を気にして落ち込んでいる時間はもったいないです。

出会うための時間に使いましょう。

もちろん、若さというアドバンテージがない分、自分磨きもかかせません。

まとめ:男性は若い女性を好きな傾向あり!でも諦める必要はなし

青空の下でカップルが抱き合っている
この記事のまとめ
  • 男性は若い女性を好きな人が多い
  • 年下男性を対象にした婚活はうまくいかないことが多いと心得る
  • 年下男性と結婚したいなら出会いの場を増やすことが必要

男性は、確かに年下の女性が好きな傾向があります。ただ、これに文句言っても何も始まりません。

若さというアドバンテージがない分、自分磨きや行動力を上げるなど「準備と努力」をしましょう。

年下男性との結婚は決して容易な道のりではありませんが、データから見ても十分に可能です。

実際に、私も年下の男性と婚活パーティーで知り合って結婚しています。

年下の女性が多く参加する婚活パーティーでも、勝てる可能性は十分あります。

このブログでは、その「準備と努力」について発信していくので、良ければ他の記事も参考にしてください。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次